大人気のコーヒー大福を中心に拘りの生クリーム大福をお届け。

カート

大人気のコーヒー大福を中心に拘りの生クリーム大福をお届け。

13の誘惑

是非インスピレーションで選択してください。
どれを選ぶもお好みのままに。
どれを選んでもきっと後悔はありません。

photo

通をうならせる、コーヒー大福

28年前に開発した、元祖「コーヒー大福」。
3種の豆をオリジナルの配合でブレンド、深煎りして苦味を強調して作ったコーヒーを餡に配合。コーヒー好きの大人にも満足していただける本格派の味を出しています。
生クリームの甘さと溶け合う絶妙なハーモニー。何はともあれ、コーヒー大福。

photo

泣く子も黙る 王道の味

スイーツの王道を行くショコラ味はみんな大好き。
カカオをふんだんに使用した餡に、チョコレートクリームがマッチ。
和洋折衷のショコラケーキとも言える、贅沢な一品です。

photo

魅惑のマンゴー

マンゴーと聞いただけでワクワクする。
甘ーい気持ちで満たされる。
そんな期待を裏切らない、マンゴー大福。
それは、大人のあなたを満足させる、至福の味です。

photo

人恋しい秋の味

栗の味を引き立たせるため、焼いた栗を粗挽きにして餡に配合。
栗の風味がひときわお口の中に広がります。
秋の味ですね。恋しいあの人に送ってみませんか。

photo

この味は、想定外

生クリームに、マスカルポーネチーズクリームを配合。
本格的なティラミスの味をそのまま大福で包んじゃいました。
この味、想定外。

photo

御作法無用

きめ細やかな薫り高い抹茶を贅沢に使用。
無作法にかぶりつけば、本格的な抹茶の渋みが口いっぱいに広がり、和のテイストが。
そして広がるクリームの甘み。
この贅沢はたまらない。

photo

パーティでも映える華やかさ

この華やかさは未知の味・・・
レーズンとラム酒をそれぞれ仕入れ、一晩自社で漬け込んで餡に練りこんでいます。
ほんのり残るラム酒の風味にイマジネーションの世界が広がります。

photo

和を感じる心地よさ

渋すぎず、甘すぎず。
餅にも餡にも薫り高い抹茶を練り込み、北海道産小豆の風味が広がる。
ああ、懐かしく、心地よい。

photo

餡一択

渋すぎず、甘すぎず。
大福といえば、小倉。 それは定番中の定番といえるでしょう。
妙ちくりんの大福は、北海道産の小豆を丁寧に炊いて作った餡に
生クリームがお供するのが特徴。餡もクリームも甘さ控えめ。
また一つ、美味しさが加わります。

photo

パッと明るいビタミン色

僕もワタシも大喜び。見ても楽しい、パッと明るいビタミンカラー。
ホクホク蒸したかぼちゃを混ぜた餡は、ほっこり幸せの甘さ。
ビタミンA・ビタミンC・カロテンを含み、食べても元気に。

photo

白と黒の誘惑

黒ごまをふんだんに使用した餡。
生クリームとの甘さのマッチングが絶妙です。
香ばしさと濃厚さ。大人が好む、通の味。

photo

大人の甘酸っぱさ

あんこなのにブルーベリー。
それは、大人の包容力の中に子どものやんちゃさが覗くような、ミックス系。
さりげなく感じる甘酸っぱさを体験してください。

photo

あ、和。 あ、洋。

単に焼きいもの味ではありません。
餡にサツマイモとバターを加えることによって、まさにスイートポテトらしさを表現。
ほっこりする幸せの味です。